PROFILE

沖縄県那覇市出身。

ジャズやオールディーズが流れる家庭で育ちました。洋楽好きな母と歌好きの父の影響で、小学1年生の頃からルイ・アームストロングやナット・キング・コール(どちらも有名な往年のジャズミュージシャン)を聴いていました。


幼少期よりクラシックバレエ、琉球舞踊とテクニトーンを習いました。耳の良さと独特のリズム感はこの頃に養われたのだと思います。


17歳で単身渡米し、留学先のアメリカの高校でJazz Choir(コーラス隊)に所属しボイストレーニングを受け歌唱法を学びました。また地元の教会のゴスペル隊にも所属していました。言葉が通じない異国での音楽はわたしにとって心の癒しでした。


高校卒業後ジャズからは一旦離れましたがボイストレーニングは続けたのち社会人の傍らソロのJazz Vocalを習い始め、竹中ひろみ、加藤泉氏らに師事。様々なミュージシャンと共演経験を重ね影響を受けます。


2012年より都内ライブハウスにてライブ活動をスタート。2017年頃より仕事の都合により一旦活動を休止します。

歌手になることが小さい頃の夢でした。社会人となりその夢はあきらめていましたが、歳を重ねてあらためて自分自身を見つめ直した時に、わたしが人生の中で達成したかったことは何だろうと考えはじめました。

その時にまっさきに頭に浮かんだのは「歌を歌う」ということ。自然と子供の頃から誰にいわれずともやってきたことでした。

 

 

2019年より本格的な活動を再スタートし、現在に至ります。


Jazz Vocalには珍しく、清流のような癒しの歌声が特徴と言われています。

ジャズをあまりご存知ない方は、もしかするとジャズは何か小難しい音楽とか、敷居が高いと思っていらっしゃるかもしれません。でもそんなことはありません。ジャズはアメリカの黒人の音楽をルーツに持ちつつ、主にミュージカルで使われてきた音楽もたくさんあり、楽しく、メロディが美しいものが多数あります。

幅広い世代の人たちにジャズを聴いてもらいたいと思っています。楽しいと思えたり、元気をあげられたり、そばで寄り添えるような歌を歌いたいと思っています。
 


現在は都内各所ライブハウスで歌っています。どうぞ会いに来てください。

 

© 2020 CHIE IZENA